被害者になったらどうする? どうなる?

犯罪被害を受けた衝撃と,出口のない被害者の苦痛

刑事事件(犯罪)に巻き込まれる場合には,2通りあります。被害者側と加害者側です(ケンカなど,両者がはっきり分けられない場合もあります)。

このうち,被害者側での刑事事件との関わりは,その人が被害を受けた(知った)瞬間に始まります。

 

犯罪被害者となった瞬間に,あるいは,犯罪の被害を受けたことに気付いた瞬間に,経験したことのないような様々な感情がわき起こります。

 

怒り,悲しみ,痛み,苦しみ,焦り……。

 

たとえ万引きのような軽微と言われる犯罪でも,何ら落ち度のない被害者にとってみれば,犯人への怒りと経済的損失は決して無視できません。
体につけられた傷が,一生癒えない場合もあります。
何より,犯罪被害による精神的苦痛(被害感情)は,犯人の処罰や被害弁償金だけでは十分に回復されず,いつまでも心に残り続けることがあるのです。

 

だからこそ,犯罪被害に一人で立ち向かわなくてすむように,そして,犯罪被害からの回復の道を歩くために,犯罪被害者保護のために用意された様々な制度について知るとともに,専門家である弁護士の力を借りることが大切です。

 

犯罪被害を受けてしまったとき,一体どうなるのか?
被害者側は,まず何をどうするのがいいのか? そもそも,何ができるのか?
被害者となってしまった人の家族や友人,恋人は,どう対応したらいいのか?
そんな犯罪被害者の支援に関する様々な疑問を,わかりやすく解説します。

 

落ち着いて,そして,勇気を出して,弁護士に相談してください。

犯罪被害に関するあらゆる疑問を解決

 ◆犯罪被害を受けたとき最初にすべき3つのこと

 

 ◆被害者が自分で証拠を集めるための7つの基本的方法

 

 ◆写真・ビデオ撮影で証拠集めする場合の7つの注意点

 

 ◆犯罪被害者にできる6つのこと

 

 ◆被害者が事件や犯人について知るための8つの方法

 

 ◆被害回復や損害賠償請求のため5つの手段

 

 ◆被害者が犯人の処罰を求めるための5つの方法

 

 ◆被害者が自分のプライバシーを守るための3つの対策

 

 ◆被害者が再度の事件被害を防ぐために利用できる5つの制度

 

 ◆被害者が弁護士を代理人にする場合の5つの方法

 

 ◆刑事裁判への被害者参加で有利な9つのポイント

 

サイト内検索はこちら

※検索結果ページの上部にはGoogleの提供する広告リンクが表示されていることがあります。

Loading

最新のブログ(5記事)への直リンクはこちら