顧問契約の種類と料金(顧問料)

顧問契約の種類

弁護士吉岡毅は,顧客の皆様のニーズに合わせて,様々な種類の顧問契約をご予算に見合った料金でご提供します。

標準的にご提供している顧問契約の種別は,次のとおり

  • 総合型(オールラウンド・スタイル)
  • 基本契約型(コア・スタイル)
  • 優先割引型(ファストパス・スタイル)
  • 自由選択型(オプショナル・スタイル)

の4種類があります。

いずれも,年間契約(一定の顧問料割引あり)と月契約が選択できます。

 

顧問契約に関するお見積もりやご相談は,すべて無料です。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> 顧問契約に関するメールでのお問い合わせはこちら

総合型(オールラウンド・スタイル)

最も一般的な顧問契約の形です。

無制限の無料相談,電話・電子メールによる相談と対応,一定の時間外対応を含む最優先対応と予約権,弁護士費用の30%~最大50%にも及ぶ大幅割引,顧問弁護士の表示権など,弁護士との顧問契約におけるすべてのメリットを,あますところなく享受できます。

すべての方におすすめします。 

基本契約型(コア・スタイル)

総合型よりも費用・経費を節約して門戸を広げつつ無制限の無料相談,電話・電子メールによる対応(法律相談を除く),優先対応の予約権,弁護士費用の20%~最大30%の大幅割引顧問弁護士の表示権など,弁護士との顧問契約によるメリットの基本部分・核心部分を確実に押さえることができます。

設立したばかりのベンチャー企業や比較的小規模の会社におすすめできるほか,総合型への移行前のお試し期間的なご利用にも適しています。

優先割引型(ファストパス・スタイル)

ご要望の声に対応して新設しました。

法律相談は必要の生じた際に有料対応となりますが,ご相談・ご依頼のない期間中も,月額3000円~という最低限の固定費で弁護士との顧問契約を維持できます。

優先対応の予約権,弁護士費用の割引権(10%~最大20%,法律相談料も割引)顧問弁護士の表示権などが得られます。

自由選択型(オプショナル・スタイル)

ご予算の範囲で本当に必要なサービスを自由に選択できます。

基本契約型と優先割引型の中間的なスタイルはもちろんのこと,定期的な出張相談や講演会の開催などの特別な内容を顧問契約に取り込むことにより,総合型を超えるプレミアムな顧問サービスも設定可能です(ご希望のご契約内容によっては,顧問料が比較的高額になることもあります)。

顧問契約の種別比較表

顧問契約の種別

顧問契約のメリット

総合型
[オールラウンド・スタイル]
基本契約型
[コア・スタイル]
優先割引型
[ファストパス・スタイル]
自由選択型
[オプショナル・スタイル]
1 無料法律相談 月間(年間)回数 無制限 月間(年間)回数  無制限 なし
(相談料割引は無制限に適用あり)

選択可
(月間・年間回数の指定も可能)

2 電話・電子メール等による相談と即時対応 無制限 簡易対応
(法律相談以外)
なし 選択可
3 優先的な日程確保(優先予約権) 最優先
(一定の時間外対応を含む)
優先 優先 選択可
4 弁護士費用の大幅割引 ※1, ※2 30%
(最大50%)
20%
(最大30%)
10%
(最大20%)
選択可
5 社員,ご家族,顧客等への無料相談の拡大 無制限
(取引先等を含むご紹介案件全部)
ご契約者様及び親族・従業員の方
(案件内容は無制限)
なし
(相談料割引は無制限に適用あり)
選択可
6 致命的なトラブル・法的リスクの予防と回避 あり あり あり あり
7 対外的信用・信頼の向上(顧問弁護士の表示権) あり あり あり あり
8 セミナー・社内研修等の実施(講演・講師) ※3 あり あり あり あり
9 経営・投資戦略のフォロー,専門職人脈の拡大 あり あり あり あり 

※1 割引対象は,ご依頼事件の着手金又は手数料,法律相談料(無制限無料相談のない場合)に限ります。報酬金及び実費・日当は対象外です。

※2 弁護士報酬等基準に基づく最低着手金額を下回ることは,原則としてできません。

※3 費用は,自由選択型で一定回数の講演実施を契約内容に含めた場合を除き,原則として別途ご相談になります。ただし,社内研修等一定の企画については,無料で対応させていただくこともあります。

契約種別ごとの顧問料

顧問契約にかかる弁護士費用(顧問料)は,顧問契約の種別,具体的な内容のほか,業種や事業規模等によって異なります。

以下では,顧問契約の種別毎の顧問料算定基準及び標準的な顧問料額を表形式でご案内いたします。

ご契約者様ごとの具体的な金額は,ご相談時にお見積もりいたします。(顧問契約のお見積もりやご相談は,すべて無料です。)

 

なお,純粋な個人の方で顧問契約をご希望の場合,顧問料は,おおむね会社・事業者基準の20%~40%程度の金額とさせていただいております。

 

 

>> 顧問契約に関するメールでのお問い合わせはこちら

  総合型
[オールラウンド・スタイル]
基本契約型
[コア・スタイル]
優先割引型
[ファストパス・スタイル]
自由選択型
[オプショナル・スタイル]
月額顧問料

3万円~10万円程度

1万円~3 万円 3000円~1万円
※4
 5000円~
標準額

3~5万円

2万円 5000円 契約内容により異なる
年間契約割引
※5
1ヶ月分無料 0.5ヶ月分無料 なし 契約内容により異なる

※4 法律相談の際には,割引額による相談料がかかります。

※5 年間契約の場合,途中解約時のご返金はできません。